松坂桃李の出身大学、高校はどこ…?

俳優として活躍する松坂桃李。
ドラマ「梅ちゃん先生~結婚できない男と女スペシャル~」に出演するなど
注目になっているのですが、
なんでも、松坂桃李の出身大学、高校が話題になっているみたいですね!

「松坂桃李 大学 どこ」
「松坂桃李 大学 産業能率」
「松坂桃李 高校 どこ」
「松坂桃李 高校 小田原」

をヒントに探してみたので見ていってください!

まずはじめに、松坂桃李とは…。
「侍戦隊シンケンジャー」のレッド役として華々しくデビューを飾った俳優。
現在は「梅ちゃん先生~結婚できない男と女スペシャル~」に出演するなどしている。
また、モデルとしても活躍している。



松坂桃李

松坂桃李の名前の由来。


中国の歴史家司馬遷の「史記」に書かれた言葉
「桃李不言下自成蹊(とうりものいわざれども、したおのづからこみちをなす)」。
また、中国の故事「桜梅桃李」の2つの由来がある。
前者は「徳のある誰からも慕われる人」になって欲しいという父親の願いから、
後者は「自分らしさを大切に」という母親の願いから名づけられた。
読み仮名は両親のこだわりで「とおり」である。



そんな松坂桃季の出身大学から。
「松坂桃李 大学 どこ」
「松坂桃李 大学 産業能率」
と検索されていることからもわかるように、
神奈川県の伊勢原市にある産業能率大学に通っていたみたいです。


経営学部ということで、伊勢原市にあるキャンパスではなく、
代官山・自由が丘キャンパスの方みたいですが。


これは雑誌のインタビューで語っていたので、間違いは無いです。
ただ、「侍戦隊シンケンジャー」やモデルの仕事などが忙しくなり、
産業能率大学経営学部を休学。
そして、大学を退学…。


なので、出身大学という言い方は間違ってるかもしれません。

ちなみに、松坂桃李が通っていた産業能率大学。
偏差値などを気にしている方が多いようですので、まとめてみました。

経営学部の偏差値:51~55
情報マネジメント学部の偏差値:46~49
のようです。
ちょっと開きがありますが、情報元の表記がこのような形でしたので…。
また、入試の時期によって偏差値(合格難易度)も異なるようでした。





つぎに、出身高校
「松坂桃李 高校 どこ」
「松坂桃李 高校 小田原」
をヒントに色々と探してみました!


こちらは小田原市にある相洋高校。
相洋高校は野球部やサッカー部がよく話題になりますよね。
また、出身中学は茅ヶ崎市立松浪中学校みたいですよ。



更に、調べられているものとしては、松坂桃李の父親の情報ではないでしょうか?
なんでも、大学の教授をやっていて、心理学を専攻している方のようですが…。


噂になっているのが、このコメント。

http://ameblo.jp/torimatsuzaka/entry2-10200334228.html

ゆい 2011-09-10 21:03:28
114 ■はじめまして!
うちの大学の教授が桃李くんのパパですっ!
それを聞いてから桃李くんのことが好きになってしまいました(笑)
これからも応援しますねっ(^^)b



松坂桃李のブログにコメントされた内容なのですが、
このコメントが、松坂桃李の父親が大学の教授をやっていることを示していますよね。


まさか、産業能率大学の心理学の教授なんてことは…。


あと気になるのは松坂桃季の熱愛・彼女ですかね?
まだ週刊誌などでスキャンダルは取られていないようですので、
随時更新して行こうと思います。





松坂 桃李(まつざか とおり、1988年(昭和63年)10月17日 - )は、
日本のモデル、俳優である。

神奈川県出身。
トップコート所属。

[参考:ウィキペディア]
友人・同僚・彼氏・彼女と共有して
楽しいひと時を過ごしてください
   

タグ : 松坂桃李  大学  どこ  高校  父親  産業能率  小田原  心理学  偏差値  


関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://30girl.blog.fc2.com/tb.php/17-3d398885
トラックバック
コメント
コメントの投稿
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可

PR
プロフィール

三十路girl

Author:三十路girl
ニュースサイト「三十路girl」 芸能・エンタメなどのニュースを話題の種に盛り上がろう!熱愛ネタ・フライデーの記事など

Google+ で検索
google+
おすすめ記事
フリーエリア
《免責事項》 当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しております。サイトの閲覧や画像、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 また、当サイトの記事等の著作権は引用元にあります。万が一、不適切な記事、画像等がありましたら早急に対応いたしますので、恐れ入りますがご連絡をお願い致します。
ページトップへ