【フルボッコの意味は?】及川光博に離婚の噂…

俳優として活躍する及川光博。
ミッチーの愛称で人気の俳優なのですが、
その及川光博がマスコミからフルボッコにされているらしい…。

ドラマ「相棒」の降板。
そして、檀れいとの離婚の噂。
及川光博の不倫疑惑などなど…
色々とフルボッコにされてしまっているようですが…

2011年に檀れいと電撃結婚をして早1年。
そんな及川光博にすでに離婚の噂が流れているようですね。



不倫報道や別居疑惑から派生して、
現在は離婚危機もささやかれている及川光博・檀れい夫妻。
2012年8月に発売された「女性セブン」では、
及川光博の収入が減った事が二人のすれ違いにつながったという記事を掲載。


また、「女性自身」、「週刊新潮」、「女性セブン」、「アサヒ芸能」などが
立て続けに掲載したことから本当に及川光博と檀れいが
離婚するのではないかとの噂が広まりました。

この立て続けに、離婚するのでは?という記事が続いたことで、
ネット上ではフルボッコにされていると言われているようですね。



また、及川光博が都内で30代女性と相合い傘でデートをしていたとの記事も…。
この時は、6時間に及ぶはしご酒。
檀れいとの結婚指輪も外されていたようです。



このような形でマスコミにフルボッコにされてしまっているのですが、
及川光博もストレスを感じているようで、
及川光博のバースデーイベントでは、事務所関係者が報道陣を威嚇したり、
及川光博が声を荒らげる一幕があったといいます。



「離婚危機の渦中ということで、イベントへの取材申請が殺到。
仕方なく『及川の新作DVDの宣伝を行う』という条件で、
イベント終了後に囲み取材を行う段取りになりました。
取材前には事務所関係者も、『なんでも答えます』と話していたのですが、
あまりにも質問が夫婦仲に集中したため、
次第に現場の雰囲気が悪くなっていきました」(スポーツ紙記者)


報道から1カ月以上経過し、別居についてもすでに檀が否定しているため、
及川としてもこれ以上何かを答えるつもりはなかったのだろう。
それなのに同じ質問を繰り返され、ワイドショーの個別取材でも、
やはり檀の話を中心にされてしまったため、
取材は途中で打ち切られてしまったという。


「ある週刊誌は、『檀があまり家に帰っていない』という
情報しかないにもかかわらず、不仲説と報道をしてしまったそうです。
また及川の所属事務所も、マスコミ対応には慣れていないため、
どうしてもピリピリしたムードを出してしまう。
こういった不運が重なって、マスコミが飛びつきやすい夫婦不仲説が、
延々と報じられ続けているというのが現状です」(芸能プロ関係者)


スキャンダルを利用した話題作りにも興味のない及川だけに、
意図せぬところでマスコミの“生贄”にされてしまったということなのだろう。
新婚早々迷惑な話だが、今後もこの話題はしばらく続いてしまいそうだ。

及川光博の離婚については、すでに檀れいが否定をしていますし、
離婚はしないようなのですが、
これほどまでに、マスコミに叩かれているというのもちょっと…。



及川 光博(おいかわ みつひろ、1969年(昭和44年)10月24日 - )は、
東京都出身のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。
身長175cm。
血液型B型。
成城学園中学校高等学校
成城大学法学部法律学科卒業
所属事務所はマザーエンタープライズ
業務提携先はホリプロ
妻は宝塚歌劇団卒業生で女優の檀れい
[参考:ウィキペディア]
友人・同僚・彼氏・彼女と共有して
楽しいひと時を過ごしてください
   

タグ : 及川光博  檀れい  離婚  別居  浮気  フルボッコ  意味  


関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://30girl.blog.fc2.com/tb.php/86-26015561
トラックバック
コメント
コメントの投稿
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可

PR
プロフィール

三十路girl

Author:三十路girl
ニュースサイト「三十路girl」 芸能・エンタメなどのニュースを話題の種に盛り上がろう!熱愛ネタ・フライデーの記事など

Google+ で検索
google+
おすすめ記事
フリーエリア
《免責事項》 当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しております。サイトの閲覧や画像、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 また、当サイトの記事等の著作権は引用元にあります。万が一、不適切な記事、画像等がありましたら早急に対応いたしますので、恐れ入りますがご連絡をお願い致します。
ページトップへ